在宅医療の必要性と高齢化社会 その1

高齢化社会が迫る日本社会において、今後、必要不可欠であると考えられている「在宅医療」に、求められる人材とは、そのようなスタッフ像であるのかどうかを追ってみたいと思います。まず、皆さんは、「在宅医療」について、知り得ている知識や情報がありますか?

ご家族やご親戚に、介護を必要とする高齢者がいらっしゃったりすると、「在宅医療」の仕組みや、現場で働く人々の人物像が浮かびやすいかもしれませんが、核家族化などが進行する日本社会において、若い世代の中で「在宅医療」に興味をもつ人々は少ない傾向にあるのではないかと考えています。

医師 求人、看護師 求人などにおいて、「在宅医療」を専門とする求人特集なども組まれる事もあり、その人材確保においては、急ピッチな募集が必要とされているようです。医師 求人や看護師 求人は、「在宅医療」の要でもありますが、「在宅医療」には、その他にも、重要な仕事を担うスタッフが大勢いる事を忘れてはなりません。

薬剤師、理学療法士、管理栄養士、歯科医師、歯科衛生士、ケアマネージャー、医療事務スタッフなど、現場で働く人々の他にも、裏方で現場の人々をサポートするスタッフさんなどたくさんの人々の存在が「在宅医療」を支えています。

コメントを残す