在宅医療の必要性と高齢化社会 その2

「在宅医療」とは、いったいどのような医療のしくみなのでしょうか?

「在宅医療」は、病院などに通院する事が難しい患者さんの為に、医師や看護師などの医療のエキスパートが、患者さんのご自宅に訪問をして医療を施す事を言います。

通院などが難しいと考えられる患者さんの多くは、高齢者や障害をもつ人々の事を表しています。人口の3割以上が、高齢者になるであろうと言われている、近い未来の日本社会の中で、「在宅医療」の発展は、必要不可欠なものとして、その存在の認知も急速に進められています。在宅医療関連とする、医師 求人、看護師 求人などの、在宅医療に関する、人材確保の他、制度や体制に関する整備も急速な対応が求められています。

日本社会において、高齢者が急激に増加すると考えられているリミットは、2025年と言われています。それまでに、在宅医療に関するスタッフの確保や、その制度や体制への整備は、誰しもが、受けたいと願えば、在宅医療を受けられる環境にまで整えられる必要性があります。医師 求人、看護師 求人などにもみられる、在宅医療関係者の急募も、超高齢化社会を前に、準備が急がれる領域の求人であります

コメントを残す