在宅医療の必要性と高齢化社会 その3

超高齢化社会を目前に、「在宅医療」の必要性は、益々そのニーズを高めています。

在宅医療に携わるスタッフとして、医師 求人や看護師 求人の急募が急ピッチで行われておりますが、在宅医療を支える看護ステーションや、訪問看護を行う医療関連機関も、全ての市区町村において万全に配備されている訳ではなさそうです。

在宅医療においては、介護と看護が、それぞれの領域においてお互いを助け合いながら、患者をサポートしなくてはならない環境下に置かれるはずです。

医師 求人、看護師 求人で求められる人材には、医療や看護に関する専門的な知識だけではなく、介護にも精通する人物像が求められているのではないかと考えられます。

65歳以上の高齢者が、日本人口の約3割以上を占め、さらに子どもの数が減少していく社会に突入していく中、私達にとっては、未知なる未来の日本社会において、少子高齢化社会における、病気の分布として、「脳卒中」「肺炎」「心臓病」などが増加傾向にあると予測されています。

また、介護が必要な高齢者が、体調を崩し通院を必要とする場合、自宅から病院までの付き添い人が必要となります。高齢化社会の中で、高齢者を支える家族の負担を軽減させる面においても、「在宅医療」の発展は急がれているのです。

コメントを残す