MRIの検査について

MRI(磁気共鳴画像診断)検査というのは、水素原子の性質を利用した検査だそうです。水素原子は磁場の中でおもしろい動きをするそうです。共鳴しやすい周波数の電磁波を水素原子に与えることで、そのエネルギーを吸収するそうです。

そのあとで電磁波として放出するそうですが、その放出された電磁波を分析することで、水や軟部組織、脂肪などを区別する画像をつくることができるそうです。磁場を均一にしない金属などがなければ、撮影部位に制限はないそうです。MRI検査というのは他の検査方法とくらべて撮影法の進歩がとても早いそうです。どんどん新しい方法が出ているそうです。検査の方は、撮影部位のまわりにコイルと呼ばれる電磁波の受信機をつけた状態、均一な磁場が作られた装置のなかにはいるそうです。

数分間動かずにいなければならないそうです。検査のときには大きな音がするので、耳栓やヘッドホンをつける場合もあるそうです。病気の種類によっては造影剤を注射して検査をする場合もあるそうです。頭部のMRIはX線CTとは違って、頭蓋骨の影響を受けることなく脳の画像をつくることができるそうです。頭部のほとんどの病気にMRI検査が適応となるそうです。脳腫瘍には必須の検査といえるそうです。以前は発生直後の脳梗塞の検査は困難でしたが、現在は診断できるようになったそうです。

脳の動脈はMRAで行って、通常の頭部の検査と一緒におこなうそうです。脊椎MRIは、神経の関係をはっきりと描き出すことができるそうです。脊椎内の状態を観察できる唯一の検査方法だそうです。胸部MRIは、胸郭、縦隔、心臓、乳腺などの撮影が中心だそうです。腹部MRIは肝臓や膵臓、腎臓などの臓器の撮影が中心だそうです。

コメントを残す