正社員やアルバイトだけじゃない!スポットという働き方も視野にい入れてみませんか?

医師は正社員だけじゃない!スポットも視野に入れて検索!!

「 adminの記事 」 一覧

no image

MRIの検査について

2019/08/07   -Uncategorized

MRI(磁気共鳴画像診断)検査というのは、水素原子の性質を利用した検査だそうです。水素原子は磁場の中でおもしろい動きをするそうです。共鳴しやすい周波数の電磁波を水素原子に与えることで、そのエネルギーを吸収するそうです。 そのあとで電磁波として放出するそうですが、その放出された電磁波を分析することで、水や軟部組織、脂肪などを区別する画像をつくることができるそうです。磁場を均一にしない金属などがなければ、撮影部位に制限はないそうです。MRI検査というのは他の検査方法とくらべて撮影法の進歩がとても早いそうです。どんどん新しい方法が出ているそうです。検査の方は、撮影部位のまわりにコイルと呼ばれる電磁波の受信機をつけた状態、均一な磁場が作られた装置のなかにはいるそうです。 数分間動かずにいなければならないそうです。検査のときには大きな音がするので、耳栓やヘッドホンをつける場合もあるそうです。病気の種類によっては造影剤を注射して検査をする場合もあるそうです。頭部のMRIはX線CTとは違って、頭蓋骨の影響を受けることなく脳の画像をつくることができるそうです。頭部のほとんどの病気にMRI検査が適応となるそうです。脳腫瘍には必須の検査といえるそうです。以前は発生直後の脳梗塞の検査は困難でしたが、現在は診断できるようになったそうです。 脳の動脈はMRAで行って、通常の頭部の検査と一緒におこなうそうです。脊椎MRIは、神経の関係をはっきりと描き出すことができるそうです。脊椎内の状態を観察できる唯一の検査方法だそうです。胸部MRIは、胸郭、縦隔、心臓、乳腺などの撮影が中心だそうです。腹部MRIは肝臓や膵臓、腎臓などの臓器の撮影が中心だそうです。

no image

在宅医療の必要性と高齢化社会 その3

2019/07/03   -Uncategorized

超高齢化社会を目前に、「在宅医療」の必要性は、益々そのニーズを高めています。 在宅医療に携わるスタッフとして、医師 求人や看護師 求人の急募が急ピッチで行われておりますが、在宅医療を支える看護ステーションや、訪問看護を行う医療関連機関も、全ての市区町村において万全に配備されている訳ではなさそうです。 在宅医療においては、介護と看護が、それぞれの領域においてお互いを助け合いながら、患者をサポートしなくてはならない環境下に置かれるはずです。 医師 求人、看護師 求人で求められる人材には、医療や看護に関する専門的な知識だけではなく、介護にも精通する人物像が求められているのではないかと考えられます。 65歳以上の高齢者が、日本人口の約3割以上を占め、さらに子どもの数が減少していく社会に突入していく中、私達にとっては、未知なる未来の日本社会において、少子高齢化社会における、病気の分布として、「脳卒中」「肺炎」「心臓病」などが増加傾向にあると予測されています。 また、介護が必要な高齢者が、体調を崩し通院を必要とする場合、自宅から病院までの付き添い人が必要となります。高齢化社会の中で、高齢者を支える家族の負担を軽減させる面においても、「在宅医療」の発展は急がれているのです。

no image

在宅医療の必要性と高齢化社会 その2

2019/06/20   -Uncategorized

「在宅医療」とは、いったいどのような医療のしくみなのでしょうか? 「在宅医療」は、病院などに通院する事が難しい患者さんの為に、医師や看護師などの医療のエキスパートが、患者さんのご自宅に訪問をして医療を施す事を言います。 通院などが難しいと考えられる患者さんの多くは、高齢者や障害をもつ人々の事を表しています。人口の3割以上が、高齢者になるであろうと言われている、近い未来の日本社会の中で、「在宅医療」の発展は、必要不可欠なものとして、その存在の認知も急速に進められています。在宅医療関連とする、医師 求人、看護師 求人などの、在宅医療に関する、人材確保の他、制度や体制に関する整備も急速な対応が求められています。 日本社会において、高齢者が急激に増加すると考えられているリミットは、2025年と言われています。それまでに、在宅医療に関するスタッフの確保や、その制度や体制への整備は、誰しもが、受けたいと願えば、在宅医療を受けられる環境にまで整えられる必要性があります。医師 求人、看護師 求人などにもみられる、在宅医療関係者の急募も、超高齢化社会を前に、準備が急がれる領域の求人であります

no image

在宅医療の必要性と高齢化社会 その1

2019/05/15   -Uncategorized

高齢化社会が迫る日本社会において、今後、必要不可欠であると考えられている「在宅医療」に、求められる人材とは、そのようなスタッフ像であるのかどうかを追ってみたいと思います。まず、皆さんは、「在宅医療」について、知り得ている知識や情報がありますか? ご家族やご親戚に、介護を必要とする高齢者がいらっしゃったりすると、「在宅医療」の仕組みや、現場で働く人々の人物像が浮かびやすいかもしれませんが、核家族化などが進行する日本社会において、若い世代の中で「在宅医療」に興味をもつ人々は少ない傾向にあるのではないかと考えています。 医師 求人、看護師 求人などにおいて、「在宅医療」を専門とする求人特集なども組まれる事もあり、その人材確保においては、急ピッチな募集が必要とされているようです。医師 求人や看護師 求人は、「在宅医療」の要でもありますが、「在宅医療」には、その他にも、重要な仕事を担うスタッフが大勢いる事を忘れてはなりません。 薬剤師、理学療法士、管理栄養士、歯科医師、歯科衛生士、ケアマネージャー、医療事務スタッフなど、現場で働く人々の他にも、裏方で現場の人々をサポートするスタッフさんなどたくさんの人々の存在が「在宅医療」を支えています。

Copyright© 医師は正社員だけじゃない!スポットも視野に入れて検索!! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.